不動産会社で働く人、不動産投資が気になる人の交流サイト 不動産交流会ナビお問合せ
今週のディープな不動産情報

     再建築不可物件

今回は、不動産を探している時に時折目にする再建築不可の
物件についてです。

再建築不可とは、簡単に言うと更地にして建て替える事が
出来ない土地ということです。
再建築不可物件は、安い物件で利回りの高いアパートや
戸建を探していると必ず目にします。

再建築不可物件を買おうかどうか検討する時に考えるのが、
建て替えが出来ないと困るという事と、自分が売りたい
と思った時に売れないのではという心配です。

考え方次第ですが、安さと利回りを求めるのであれば
十分選択肢の一つに加えられると思います。
建て替えについては誤魔化しですが、大規模なリフォーム
という形で新築みたいにしてしまう例が多いです。

再建築不可の戸建をアパートに変えたいという方もいます。
これは難易度が高く、基本的にはお勧めしません。
役所から工事中止の張り紙を貼られて工事が出来なくなる
こともあります。
建て替えが出来ない物件を集合住宅にするというのです
から、根本的に無理が有りますね。
大体は近所の方が役所へ密告して、工事がばれてしまう様です。
役所が来る前に完成して、入居者を入れてしまえばそのまま
何も言われないケースもあります。
お勧めできませんが・・・


売却したいという時には、売り易いか、売りづらいかと
いうと、再建築可能物件よりは売りづらいです。
ですが、購入した時の値段も安く買っているのですから、
市場価格より安めに販売すれば売り易くなります。

安くて高利回りな、そしてちょっとリスクのある再建築不可
物件も購入物件の検討材料に加えてみては如何でしょうか。

(この情報は、2017年4月10日までの掲載です。)

※上記はあくまでも当サイトの見解ですので、実際には投資家様ご自身で確認をしてください。

投資家のみなさん参考にしてください。